調理師などの飲食に関する資格がほしい方へ│専門学校の探し方

女の人

職人になる手段として

食パン

パン職人になる方法として、パン屋で働いて実践的な技術を磨くことができます。また、専門学校に通って集中的に学ぶのもいいでしょう。そこで仲間と一緒に刺激し合いながら、勉強していくことが大切です。

詳細へ

効率よくバリスタになれる

バリスタ

バリスタになりたいけど時間がないという方は、通信教育がおすすめです。自分の都合のいい時間帯に、集中的に勉強を進めていくことができます。これにより着実に資格がとれるのです。

詳細へ

パティシエになる第一歩

パティシエ

パティシエになりたいと考えている方は、製菓コースがある高校に進学すると、効率的に自分の知識や技術を深めていくことができます。また、座学で身につける知識は、オリジナルスイーツなどを考える際に大切な知識になります。

詳細へ

実習の流れと先生について

笑顔の女の人

調理師になりたいと考えている方は、専門学校に通うことをおすすめします。料理の腕は自分で磨くこともできますが、プロから教わることが最もいいとされています。専門学校では実習の時間が設定されており、このときに料理の実力を向上させることが可能です。まず、先生がお手本として実際に料理を行います。生徒たちはこれを目で見て、覚えたいことはメモをとるなどをして学んでいきます。ここで疑問点があれば、先生に質問することが大切です。疑問を残したまま自分でそれを再現しようとしても、上手くいかないことが多いとされています。そのため、できるだけ先生がお手本を見せている間に聞いてみましょう。先生の実演が終わると、次は実際に自分で料理を作っていきます。一人で作る場合と何人かでグループを組んで制作することがあります。どっちにしろ、見よう見まねで料理を作ることになります。完成した料理は、先生に見てもらい、どれだけ先生に近づけられたかで評価が決まります。また、個人的にアドバイスを受けるときがあるので、そのときは真摯に受け止めましょう。実習の時間は、このように先生の料理に近づくことが目指されます。しかし、この先生の料理が自分好みではなかった場合、調理師になるモチベーションは下がってしまいます。そのため、専門学校を選ぶときには、どのような講師陣なのかをチェックしておくことが大切です。HPを見れば、講師のプロフィールを確認することができるので、そこから実績に目を通すといいでしょう。自分が師事したいと思えるような先生がいる専門学校がおすすめです。